Junbao YANG – 道木研究室

Junbao YANG

名前:
楊 俊保
学年/肩書:
博士課程前期課程2年
役職:
平民
グループ:
モータ
趣味:
新技術,ゲーム,スポーツ,自動車
一言:
有志者,事竟成。 (志ある者は事を成し遂げる)

研究テーマ / Research topic

多相モータの瞬時トルク制御系のための相電流センサレス化に関する検討

多相モータの瞬時トルク制御系のための相電流センサレス化に関する検討

A study on phase current sensorless for instantaneous torque control system of multi-phase motor

Japanese ver. English ver.

<

研究背景

多相モータは従来の三相系に比べてインバータの高出力化、低トルクリプル化,電流の高調波を低減できることなどの利点があるので,将来電気自動車、航空宇宙などの領域で利用されることを期待している。相数の増加とともに,必要な相電流センサの数も多くなり,スペースやコストが課題になっている。本研究の目的は多相モータの相電流センサ数の減少化及び電流センサ数と制御性能の関係の検討である。

現在の取り組み

多相モータに異なる電流センサ配置状況に対して,相電流が再現できるかとうかを検討している。同時に,適当な評価指標で各電流再現法の性能を評価する。

<J

Research Background

It is expected that the multiphase motor can be used in the field of electric vehicles, aerospace and so on in the future because of their advantages such as high output of inverter, low torque ripple and reduction of current harmonics compared with conventional three-phase system. As the number of phases increases, the number of necessary phase current sensors increases, and space and cost are problems. The purpose of this study is to reduce the number of phase current sensors in multiphase motors and to investigate the relationship between the number of current sensors and the control performance.

Current Efforts

It is examined whether phase current can be reconstructed for different current sensor arrangement situations in the multiphase motor. At the same time, the performance of each current reconstruction method is evaluated with an appropriate evaluation index.